忍者ブログ
~Blog of teenage love soldier~
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マインド・ペインター

僕の名前はマインド・ペインター その名の通り心に色を塗ります
失恋した人の心はもちろん 仕事に失敗した人の心もお任せください
さあ 今宵の色はどうしましょう?

みんなの心に僕が色を塗ろう まずこのパレットにどの色を出そう?
"爽やか"青色 "情熱"赤色 混ざって紫 たまにゃそれもいい

人の心は脆く儚く だけどどこかに強い部分も潜めてて
そんな強さを掘り起こしてあげる それが僕のポリシーでもあり役目でもある
さあ 今宵の患者はどちら様?

みんなの心に僕が色を塗ろう 次はこの筆にどの色をつけよう?
"自然"緑色 "ハツラツ"黄色 混ざって黄緑 意外とそれもいい

そろそろ仕上げに入ることにしよう 最後の調味料 どの色を加えよう?
やっぱり白色? それとも黒色? そうだ 最後くらいは君が決めてごらん

みんなの心に僕が色を塗ろう 最後の調味料 それは君自身さ
僕の名前はマインド・ペインター 人の心に色を塗る物好きさ



だいぶ久しぶりですね。
去年9月に載せた、"オープニング"以来ですか。

この曲自体は去年の時点で出来てたんですが、
なかなか載せる機会がなかったので・・・。
かなり久々という形になってしまいました。

一応これからもちょこちょこ載せれたらいいなって思ってますよ。
ギターとか弾けたらちゃんとした作曲が出来るんだけどなぁ。
まぁ趣味っていうレベルなんでいいかな。
あ、もらってくれる人いたら声かけてくださいね(笑

また曲あるいは歌詞だけでも出来次第、
ここに載せていきたいと思ってるんでよろしくです。



"ニューシングル"&"クリップ集”"フラゲまであと100日!!!

PR
タイトルは、樋口了一「手紙~親愛なる子供たちへ~」より。


今日のタイトルにした、「手紙~親愛なる子供たちへ~」という曲、
ご存知の方はいらっしゃるでしょうか?
僕の大好きなアーティストの1人である樋口了一さんが、
昨年の10月にリリースした曲であります。

この曲は、樋口さんの友人、角智織さんのもとに届いた、
一つのチェーンメールがきっかけとなって制作されました。
そのメールには、ポルトガル語で詩が書かれてあったそうで、
その内容は、介護が必要になってしまった親が、
自分の子供へと向けたメッセージでした。

この詩に感動した角さんは、その詩を日本語に訳し、
樋口さんへとその詩を教えたところ、
樋口さんも感動し、その詩に少し詞を書き加えて、
それに曲をつけた。それがこの「手紙~親愛なる子供たちへ~」という曲です。


この曲が発売された当初、出荷枚数は2000枚ぐらいだったそう。
しかしラジオでOAされ始めたのがきっかけとなり、少しずつ売れ出し、
そして今年3月、「誰も知らない泣ける歌」に出演。
それがさらに売り上げを加速させ、現在までの売り上げは約2万枚。
最初の出荷枚数の10倍まで売り上げが伸びました。

そして今週の月曜日の朝、たくさんの番組に特集を組まれ、
それがきっかけとなって、昨日付のオリコンデイリーチャートで、
ついに1位を獲得しました。


最近の日本の音楽シーンは、アイドルユニットがほとんどを占めています。
しかしそんな中、こういったメッセージ性の強く、
ギター1本だけで演奏されるような曲が支持をされてるっていうのは、
本当に珍しいことだと思います。

またこの曲、全部で約8分くらいあって長いのですが、
実際聞いてみると、本当あっという間に聴けます。
その歌詞の一つ一つが胸に響いて、涙なしでは聴けません。


正直、樋口了一さんを知っている人は少ないでしょう。
僕も水曜どうでしょうと出会うまでは知らなかったですし。
だけど今や、樋口さんのとりこです。
彼の音楽は、なんというかメッセージ性の強いものが多いです。
ベストアルバム持ってるのですが、どれも素晴らしい作品です。

こうして樋口さんの曲が話題となっているのは、
彼のファンの一人として、とても嬉しい限りです。


もしこの曲を聞いたことがない人がいるなら、
YouTubeにアップされているので、ぜひ聴いてみてください。
URL載せときます。http://www.youtube.com/watch?v=DNuEUygU1vA
きっと聴いた人は、涙が思わず出ちゃうのではないかと思います。
1度でいいので、聴いてみてください。


本当に素晴らしい曲です。
こんな素晴らしい曲を生んでくれた樋口さんに感謝。

オープニング


静かに閉じてたその瞳には 誰もが惹かれるような心の声
走り出した時はすでに遅く 奇しくも翼が生え始めてた


こんな世界に居続けること それさえも息苦しくなって
何も見えない 何も聞こえない 時の流れに身任せるけど


僕らが積み上げた経験の橋に いつかは必ず思いを馳せよう
穴を掘ってまで身を隠すことはない 無限の空へと続いているように


例えば闇を反転させたら 少しは光も見えるだろうか?
信じる信じないは別として やるかやらないかが左右している

問題抱え痛みこらえて 自らを追い込むよりかは
自信を持てば 言い聞かせれば 何とかなると思わないかい?


僕らが積み上げた経験の橋が 崩れないようにずっと支えていよう
完成形などありはしないけど せめて誇れるように ずっと誇れるように


愛は夢だし矛盾は続く 君という名の花のもとで
再会目指し 聖なる光解き放て僕らの世界に


僕らが積み上げた経験の橋に いつかは必ず思いを馳せよう
穴を掘ってまで身を隠すことはない 無限の空へと続いているように


僕らが積み上げた経験の橋の上から見た景色 忘れないでいよう
物語はいつもここから始まる 自分も出来ると言い聞かせながら




授業中に制作。イメージは「アニメのオープニング曲」。
結構書きやすかった。

「愛は夢だし~」の部分では「Let's go to the answer」みたいに、
これまで書いた曲のタイトルを使ってみた。
ちなみに出てきた順に、
「愛はDREAM GIRL」「ムジュン」「The flower's name is "you"」
「再会」「聖なる光~Stars of the light」「Our World」です。
カテゴリの音楽を選択すれば、各歌詞が出てくると思います。

タイトルは、ポルノグラフィティ「メリッサ」より、でした。



「Love,too Death,too」フラゲまであと17日!!
BEST ACE」「BEST JOKER」フラゲまであと38日!!
「FCUW3 in Zepp Osaka」まであと69日!!

リコリス


「言葉に出来ない」 そんな些細なことさえ抱えて
揺らいで落ちてく それはいったい誰の仕業なの?

弱い自分 強い自分 どれがホントかわからなくて
疑問だけがめぐりめぐり いつからか「真」を記せなくなった

どうして扉は開かないのだろう?
どうして奇蹟は僕に味方しないのだろう?
どうして世間は冷たいのだろう?
自分を信じて追いかけて
「ほら、捕まえてごらん」と光は言うけれど 届かない・・・

無邪気な心は愛を育むことさえ出来ずに
気付けばそこには誰も待っててくれない Who am I ?

今の自分 昔の自分 どれがウソかわからなくて
リコリスの花 つぼみのまま なぜかしら?涙が静かに落ちた

どうして扉は開かないのだろう?
どうして私はあなたを好きになったのだろう?
どうして時間は戻らないのだろう?
想いはこだまし感情めぐり
どこかにいるあなた求め手を伸ばすけれど 届かない・・・

どうして扉は開かないのだろう?
どうして瞳は奥に「偽」を潜めてるのだろう?
どうして答えはわからないのだろう?
人に蝕まれた世界で
自分の居場所を見つけることができない どうして・・・?




結構前に出来てたんですけどね。
詞の内容がネガティブすぎたんで、載せるのを迷ってました。
まぁ結局載せたわけですけど。
「何かあったの?」って思うかもしれないけど、
僕はいつも通りですよww

一応、1番は「男性の孤独」、2番は「女性の失恋」を書いてます。
一人称が変わってるのはそのせいです。


はぁ・・・「4」がデカい・・・。
あと4日て・・・遠い・・・。



「ロマンスポルノ'08 in 淡路島」まであと4日!!
「Love,too Death,too」フラゲまであと25日!!
BEST ACE」「BEST JOKER」フラゲまであと46日!!
「FCUW3 in Zepp Osaka」まであと77日!!

The flower's name is "YOU"


空雲虹 胸に抱いて 咲き続ける花が一つ
わからないけどその花に君の名前をつけた

その花は強くたくましく育ち
いつからか僕から離れ
「帰ってくるから、それまで待ってて」と僕に言うんだ

「君」がそう言うのならいつまでも待ち続けよう
そうすりゃ僕らは終わりはしない
流した涙の数 想いの強さに比例して
築いたつながりを保っていける

身近にいたはずの花が離れていってしまった時
寂しい気持ちと同時に 大人になった気がした

僕は誰なのか なぜここにいるのか
悩ましい時もあったけれど
僕は僕でいい 今の僕でいいと初めて思えた

投げ出さずにいたこと 今だから誇りに思える
誓おう 僕らは終わりはしない
たとえ何と言われようと 僕はずっと待ち続ける
感じたつながりは裏切りはしない

僕らのこれからは僕らが作り上げればいい
そうすりゃ僕らは終わりはしない
The flower's name is "YOU"
こんな僕の元にも また必ず戻ってくる
そのとき僕らは笑い続けれる




「再会」(
http://keepon6443.blog.shinobi.jp/Entry/398/)の曲に、
また別の歌詞を書いてみた。

今の自分の思うことをそのまま書いたので、
いつもよりスムーズに書けました。
普段は時間かけて書くんだけど、今回は今日1日で書けちゃった。

歌詞の中で、君と「君」があるのは、
「君」というのは花の名前ということです。
区別しとかないと意味がとりづらいと思ったので、
「」で区別しときました。
「再会」とはまた違った味を出せてたらいいな。



「ロマンスポルノ'08 in 淡路島」まであと13日!!
「Love,too Death,too」フラゲまであと34日!!
「FCUW3 in Zepp Osaka」まであと86日!!

プロフィール
HN:
3年8ヶ月
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1990/06/04
職業:
ラバッパー
趣味:
卓球 音楽鑑賞
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメアーティスト
ポルノグラフィティ




little by little
BlogPet
最新コメント
[06/10 BlogPetのウェンディ]
[06/03 ハッチ]
[06/03 那由太]
[06/03 sp1990]
[06/03 BlogPetのウェンディ]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]